Boroujerdis House Tabatabaei House Fin Garden

カーシャーンは、グレート砂漠の縁に沿って走るコム - ケルマーンの道路に大きなオアシスの最初のものです。したがってその魅力は、カヴィール領域の乾いた莫大と手入れの行き届いたオアシスの緑のコントラストが主な原因です。カーシャーンはイスファハン州の北部に位置し、コムの南にある。カーシャーンの西にセントラル州です、街の東にArdestan位置し、南にはナタンツとイスファハンの範囲内にある。カーシャーンは、イスファハンの陰に隠れてきました。しかし、イランの古風な都市の一つとして考慮することができます。カーシャーンの西の4キロに、シアルクヒロックにおける考古学の発見は、この領域は、有史以前の年齢での文明の主要な中心地の一つであったことを明らかにしています。

カーシャーンは、ササン王朝の間に栄えました。しかし、それは残り数古代の建物を除き、アラブ侵攻の際に破壊されました。カーシャーンはSeljuq時代中に再び繁栄となり、それ以来、そのセラミックのために知られています。カーシャーンは再びモンゴルの侵略の間に破壊されたが、それはサファヴィー朝期における重要な町となり、第二シャーアッバスサファヴィー朝の統治の間に首都でした。一部のサファヴィー朝の支配者は、カーシャーンでなく、イスファハンで生活するのが好ましいです。地元の歴史家は、カーシャーンの名前は支配者の場所を意味する。

カーシャーンは長い繁栄の芸術の中心とイランの芸術家の発祥地として知られています。この歴史的な街の、栽培才能とダイナミックな人々は一貫して、優れたガラス張りの船やタイル、微ブロケード、ベルベットやシルクの生地、優れたカーペットやラグの作成者、様々な手工芸品の生産者の織工のメーカーとして特に有名であったランク付けされて,これらの芸術品や工芸品のような優れた指数です

アガーBozorgモスク

このモスクや神学校(アガーBozorg学校)はカーシャーンの中心部に位置しています。モスクは二つの大きな「eivan」で、「mehrab」の前と他の一つは玄関によってから成っていました。中庭には木々や噴水のある庭園で構成途中で第二コートを提供しています。中庭を囲むのはアーケードです。 mehrabの前のeivanはレンガ造りのドームを持つ二つのミナレットがあります。アーケードやeivanの色はレンガの地面に対して、青、赤、または黄色に制限されています。

Boroujerdiレジデンス

これは、個人の家になるために使用されたが、現在は博物館として一般に公開されています。この家は、19世紀初頭に建てられて、美しい中庭成りました。役立つ楽しい壁画、非常に珍しいバードギール(風採り塔)は、家を冷却します。

フィン.ガーデン

フィンガーデンは、フィンの小さな村で、カーシャーンの数キロの南西に位置しています。これはイランの最も有名な庭園の一つです。そのプールや果樹園のあるこの美しい庭園は、楽園の古典的なペルシャビジョンとしてシャーアッバス第一のために設計されました。元のサファヴィー朝の建物は、実質的に置き換えられ、元に近いの大理石の洗面台のレイアウトは、ガージャール王朝によって再建されました。

その2階建ての宮殿の遺跡でこの豪華な庭は日陰でリラックスするのに快適なスポットです。この宮殿はまたアミールカビール、1852年ガージャールのナセル-ディン·シャーの総長として知らミルザTaghiカーンの殺人の光景として悪名高いです。

金曜モスク

その金曜モスクやMasjed-E Jomehmehrab」は11世紀にSeljuq期間中に建設され、それ以来、数年復元されています。このモスクはまた、ティムール朝時代(15世紀)にさかのぼり、いくつかの古代の碑文とミナレットがあります。

Tabatabaieレジデンス

この家は19世紀に建てられ、色ガラス板を持つ魅力的な中庭と美しい窓から構成されていました。これは、個人の家になるために使用されるが、現在は博物館として一般に公開されています。

シアルク丘

中央イランで最も裕福な遺跡はTappeh- Sialkのマウンドです。このサイトは1930年代にギルシュマンによって発掘されました。サイトの発掘調査は、7000以上であることを明らかにしました。シアルク丘は、第四千年紀元前から8世紀ADまで占領されました。おそらく、最も興味深い発見の一つは、後期第三と早期占領第二千年紀元前にさかのぼる、粘土板に刻まれています。移民や征服、この領域を通過するとフィンガーデン付近に沈降を示すいくつかのレコードもあります。

明らかにアーティファクトは、パリのルーブル美術館とテヘランの考古学博物館に置かれています。やるか、考古学者でない限り、今日そこを見て多くはありません。