アート

イランの視覚芸術はとても進歩であり、イランの古代の伝説と伝統を反映している。そのような陶器、絵画、ブロンズや金属仕組み, 石工業として年芸術の何千もの時には、イラン高原で広く実践されていた。

初期の年代の洞窟絵画はイラン北部の山々やザグロス山脈の高ところにあります。テヘラン国立博物館に表示されて5000紀元前に陶器の非常に印象的なコレクション、イランの陶器芸術の豊かさを示している。イラン西部のロレスターン領域の住民はブロンズ作るテクニクを知っていた、そのような優れた成果物を作った、テヘラン国立博物館とレザアッバースィー博物館などに、装飾されています。

他のデザインアート、織りペルシャ絨毯は、世界で最も貴重な手織り絨毯の一つにウールとシルクで作った。ペルシャ式庭園(パラダイス)、祈りのニッチ、遊牧生活、伝説の数字や物語、シンボリックなモチーフで飾らペルシャ絨毯のデザインの主な対象者である。これまでに見つかった最古の絨毯、pazirikは、高度なイラン人、最初の千年紀元前半ばにあったカーペットの織り方法を示しています。

多くのイランの細密画の写真、数千年のシャー·ナーメから物語や神話の概念のような絵画です。

他のそのような手工芸品といった:琺瑯ハータム-カリ、書道などや他の工芸品、イランの日常生活の中で芸術重要性を示している。