Iranian Architecture

イランの建築家

5000 紀元前からこの日までイランのアーキテクチャを指しと:シリアのアーキテクチャがら北インドへ、中国の国境、ザンジバールからコーカサスへ、農民の小屋から伝統的なティーハウスに、巨大なパビリオン庭園、いくつかの壮大な構造を世界が今まで見ている。たっぺざーけたっぺシャルク、チョガ·ザンビールジッグラト、ペルセポリス、パサルガダエの建設を開始したイランの古代文明から

モスクの建設、伝統的の家伝統的なバスルーム、庭園やバザールアーキテクチャが継続しているイスラムの時代まで、合計し、全体では、伝統的なイランのアーキテクチャ、我々はSABK(方法)と言いますSABKは七つ色建設のタイトルに持っています。

イスラム前のスタイル:プレパールシー(ペルシャ)スタイルはイランのアーキテクチャの進歩のサインです。アーキテクチャコンポーネントの遺跡はもちろんのことカズヴィン近くざーけ(寺院の階段と呼ばれる)リードする。エラムと原エラムの建物は、このカテゴリのアーキテクチャ内でカバーされている。

チョガ·ザンビール、シャルクシャフレ・ソフタとエクバタナ:その期間のアーキテクチャとそのスタイルに取り組む他の既存の例は以下の構造である。


             Choghazanbil     Sialk Hill                           

ペルシアンスタイル:

ペルシアンスタイルは(SABK)です

この期間の例はパサルガダエ、ペルセポリス、モーソラスの霊廟、スーサの宮殿とナクシェロスタム(ネクロポリス)です。

 Pasargadae  Persepolis"  

パルティアスタイル:

パルティアスタイルは(SABK)です

このスタイルはセレウコス朝、パルティアとササン朝時代の建築様式を含んでおり、ササンのそのピークに達した。この時期からの例:ニサ、アナヒタ寺院、Khorheh、ハトラ、クテシフォン、カスラーのアーチ

(ホスローノイーワーン、フィルズアーバド)

で、アルダシールホーレ宮殿とビシャプール

       Anahita Temple   Taghe Bostan   Ardeshir Castle

イスラム建築
ホラサニスタイル:

ホラサニスタイルは(SABK)です。

この時期からの例: なーいん モスク、ダムガンタリハネモスクとイスファハンで金曜日のモスクです。

例:サーマーン朝のイスマイルの墓ゴンバデ・カーブースハラナク塔。

Tarikhaneh Mosque Isfahan Jameh Mosque Gonbad Kabous

アザリのスタイル:

アザリ "スタイルは、(SABK)です。

例:ソルターニーイェドーム、アリシャ要塞  ヴァラミンモスク、ゴハルシャドモスクサマルカンドでビビ·カナムモスクアッバスサマド墓、グーリ.アミール廟

とヤズドで金曜日のモスク。

Soltaniyeh Dome Varamin Mosque Yazd Friday Mosque

イスファハンスタイル:

イスファハンスタイルは、(SABK)です。
例:チェヘルストン(40柱)、アリカープ宮殿、カーシャーンにアガーボゾールグモスク、王のモスクとイスファハンにシャイフ・ルトゥフッラー・モス
Chehel Sotun Ali Ghapu Sheikh Lotfollah